水草水槽1と2 コケまみれの水槽!放置したらこうなった!

水草水槽にはびこるコケ…。対処するのが面倒くさくて放置してしまいました。

まずは水草水槽1から。

0925

長い糸状のコケが絡みついて、もじゃもじゃともうどうしようもありません。

0925
水換えもトリミングもしていない、完全放置の結果です。

でも、このコケが出るようになってから、黒ヒゲコケは新しく出なくなりましたね。

続いて水草水槽2。

藍藻が出てしまったこの水槽。管理の方は1と同じくやはり放置。

0925

すべてが藍藻に覆われ、そのせいなのか5000円近くも出して買ったアヌビアス達が溶けてしまいました。

0925

(アヌビアス達が溶けてしまった原因は、水草その前に に漬けこんだからではないかと多少思ったりもします…。

ご覧の通り、スネールも湧いていて、良い効果があったのかどうか私には分かりません。)

0925

油膜もひどいです。

そこで、これらの問題を解決するために、お買い物をしました!

0925

エーハイム スキマー 350とアンチグリーン!

エーハイム スキマー 350はリピートで4台目いや5台目ですかね。油膜の問題はこれですっきり解消です。

アンチグリーンはたしか数年ぶりの2度目の購入。でも、効果のほどは忘れてしまったので、

これから検証していきたいと思います。

0925

今日が初日なので、説明書通りに、60規格水槽の添加量を水槽に投入しました。

明日からも水換えなしでアンチグリーンの添加のみで、藍藻を駆除できるかどうか?

ご期待ください!

ちなみに、アンチグリーンの説明書に南米ウィローモスの入っている水槽では使用しない方がいいとあったので、

水草水槽1ではまだ使用していません。

水草水槽2の藍藻がなくなったら、南米ウィローモス付きの流木をそこに避難させてから、水草水槽1でも

アンチグリーンを使用する予定です。
スポンサーサイト

今日のヒョウモントカゲモドキ ヒョウモントカゲモドキ水槽2を立ち上げる。

昨日のナゴレプで巡り合った、ヒョウモントカゲモドキ用の水槽を立ち上げました。

チャームから届いた商品がこちら!

0925

今、維持しているヒョウモントカゲモドキ水槽1と同じものを使用することにしました。

0925

開封してみると、スドーのウェットシェルターが1つ破損していたので問い合わせたところ、

代わりの品をすぐに発送して頂けるとのことでした。

とても良い電話対応でしたよ。

そして、完成したヒョウモントカゲモドキ水槽2!

0925

パネルヒーターを左端にセットして、ウェットシェルターを半分その上に、

もう半分は外になるように設置してみました。

多分これで良いのではないかと…?

あと、アマゾンで電気しき毛布を購入してみました。これで水槽を覆うと保温性が高くなるらしいので。

0925

まだ開封していないので、どんな感じかは、また別のエントリで紹介したいと思います。

最後に。

ヒョウモントカゲモドキ水槽1のスーパーマックスノーが、脱皮をしそうです。(多分ですが…。)

0925

色がかなり白っぽくなっています。この写真で伝わるでしょうか?

初めての脱皮観察ができるかも…!楽しみです!
プロフィール

15gallon

Author:15gallon
ゆっくり更新中。

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
参加中のジャンル
参加中のジャンル
アクセスカウンター
リンク