スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水草水槽 照明を減らしてみました。

照明を20W×4灯から、20W×2灯に変更しました。

水槽に入れている水草は陰性が殆どで、テネルスとサジタリアなら照明が2灯あれば、
ちゃんと育ってくれるということで減らしました。

というのも、最近また少しコケが出て来てしまったので…。

1020

コケの生えた原因としては、

・ 先日のエントリに書いた、ヤマトヌマエビの大量の稚エビをフィルターが吸い込んだこと、
・ テネルスの水上葉と、サジタリアの古い葉が溶け始めたこと、

でしょうか。

1020

1020

1020

陰性水草がメインなので照明は2灯でも良さそうですが、何かあればまた元に戻したいと思います。
スポンサーサイト

水草水槽 ヒーター付けました。

週末に、思いの外冷え込む日があり、急いでヒーターを付けました。
何時付けようかともたもたしている間に、気付けば早朝の水温が21℃でした。

生体がヤマトヌマエビだけなのと、水草が丈夫なものばかりで助かります。

1015

水温が下がったのが刺激になったのかどうか分かりませんが、ヤマトの卵が孵ったようで、
水中に稚エビがたくさん舞っています。

一応写ってはいるのですが、見えるでしょうか?

1015

ウーパールーパー水槽でコケてしまったアヌビアスナナを、養生も兼ねて追加してみました。

先週植えたばかりのテネルスとサジタリアはまだ根が張っていないようです。
浮いてきます。

1015

モスマットは順調に緑が濃くなっています。
これも、もともとはウーパールーパーの水槽に入れるために、6月に作ったものです。

エビがいないウーパーの水槽と、エビの居る水槽ではモスの状態が全然違います。
エビってすごいですね~。

ウーパールーパー 雌雄が分かったような気がする。

飼っているウーパールーパーの大きさが、現在15cm弱になりました。

体つきに少し違いが出て来たのですが、それが雌雄の違いだそうです。

1014

リューシスティック 1

1014

リューシスティック 2

1014

リューシスティック 3

1014

マーブル

1014

ブラック

後足の付け根の後ろが膨らんでいる方が雄なので、リューシスティック 1と2が雄で、
他の3匹はどうやら雌のようです。

体つきの違いは他にもあって、雌雄で尾鰭の長さが違うらしいのですが、ズームしすぎて収まりませんでした…。

水草水槽 エーハイム2213、動きました。

先日のメンテナンス中に、誤って折ってしまったスピンドルを新調し、
フィルターが無事に動くようになりました!

1010

一応、フィルターにトラブルがあったということで、水槽の水質を測ってみました。

亜硝酸を測る試薬を使ったのですが、亜硝酸は検出されず。
どうやら飼育環境に問題はないようです。

1010

ついでに、もう少し詳しく水質を測ってみました。と言っても、
1枚で色々測れるタイプの試験紙を使ったので、あまり信用は出来ないかも知れません。

結果は、pHは6.0、KHとGHは一番低い数値でした。

アンモニアと亜硝酸はこの試験紙でも検出されませんでした。
pH、KH、GHを見ると、殆どの水草の育成に理想的な数値のようです。

ただ、この水槽に植えられていた水草の中には、弱酸性の軟水を好まない種類もあり、
調子が悪かったのはそのせいでしょうか。

水質が合っていたのに調子が悪かった水草は、他の原因があったみたいですね。

1010

1010

1010

結局、水草を育てるのはやっぱり難しいということで、この機会にレイアウトを変更しました。
石を並べて水草を植えるスペースを潰してしまいました。

1010

1010

それでも空いてしまう部分には、水質の適応範囲が広く、初心者におすすめの前景草として
良く紹介される、Ech.テネルスとピグミーチェーンサジタリアを植えました。

これで、なんとかレイアウトを完成させたいですね。

ウーパールーパー 涼しくなりましたね。

夜は肌寒いくらいで、日中暑い日があっても水温はあまり上がりません。

ウーパールーパー飼育の初心者としては、涼しくなったこともですが、
初めての夏を無事に過ごせたことにほっとしています。

1009_01.jpg

水槽のレイアウトを変更しました。

やっぱり塩ビ管だとつまらないので、溶岩石をまた戻しました。

1009

1009

1009

1009

水槽の中の環境が変わったので気にしているようです。

一通り見て回った後は、いつも通り物陰に隠れてくつろいでいました。

水草水槽 なんて日だ。

先日、「水草が育たない」で検索してヒットしたサイトに、濾過の不具合があると
水草の育ちが悪くなると書いてあったのを思い出して、急遽フィルターの中を掃除しました。

1003

この水槽には、エーハイム2213を使用しています。

リセットするときに一通り掃除はしておいたのですが、ケースを開けてみると中が随分汚れていました。

水槽の水を汲みだして濾材をゆすいだところ、すぐに水がまっくろになってしまいました。
傷んで溶けた水草や、千切れたコケを吸い込んで、通常より早く汚れが溜まったんだと思います。

1003

念のためモーターヘッドやインペラーもきれいにして、これで流量が回復したら、水草の調子が
上がるかも知れない、と淡い期待を抱いていたのですが。

スピンドル受けを取り付けようとしたところで、スピンドルを折ってしまいました。

1003

2ヶ所折れていますが、1つ目は事故、2つ目は故意に折ったものです。
結構もろいものなんですね。セラミックらしいのですが、女性の力でも割と簡単に折れます。

7月の初めに、インペラーと一緒に交換したばかりだったのですが、残念です。

1003

タイミングが悪いことに、昨日charmでお買い物をしたところなので、
また通販をする気になれず、週末までフィルターなしでエビ達に過ごしてもらうことになりそうです。

ヤマトヌマエビが15匹くらい入っているだけで、水質が急に悪くなったりはしなさそうなので、
水作のSPFを入れて取り合えず水を回しています。

1003

フィルターの方は、濾材コンテナの底にエアーストーンを置いてエアレーションをしています。
水槽の方より、こっちのバクテリアの方がマズそうですね…。
プロフィール

15gallon

Author:15gallon
ゆっくり更新中。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
参加中のジャンル
参加中のジャンル
アクセスカウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。