スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウーパールーパー5匹に餌やり。

複数匹同じ水槽で飼っていると、餌やりのときに結構気を使いますね。

0728

今の所、餌と間違えて、お互いを咬み合う等のトラブルは起きていません。
アルビノのウーパールーパーがいないせいでしょうか。

0728

それぞれに必要な分、餌が行き渡るようにしたいのですが、餌を捕るのに上手い、下手があるので難しいです。

0728

餌を捕るには慣れが必要なようで、マーブル、ブラック、リューシスティックと色々いても、
この水槽で飼われている時間が長い順で餌を捕るのが上手いです。

0728

毎度マーブルのまだらが食べ過ぎるので、
次回からは、ピンセットで直接給餌してみようかと思います。

この方法での給餌で色々学習すると、餌を催促するようになるらしいのですが、本当なんでしょうか。
検証して、所謂「餌くれダンス」を写真に収めてみたいと思います。

ウーパールーパーの飼い方、飼育方法【生物堂】
スポンサーサイト

ウーパールーパーの写真

水槽が賑やかになったので、つい写真を撮り過ぎてしまいました。

0721

0721

1週間程前に撮った写真と、昨日撮ったものの比較です。
見辛いですが、外鰓のはげが治ってきました。

0721

6月14日のエントリに書いた自作のモスマットは、モスが生えそろって来ました。
モスの種類は南米ウィローモスのはずなのですが、環境が良くない所為かあまりふさふさしません。

0721

アカムシを探しています。

0721

マーブルのまだらが、見向きもしなかった植木鉢のシェルターに、行列ができています。

0721

3匹貰ったリューシスティックですが、黒目が1匹、金環ありが2匹でした。

0721

5匹すべてに餌を上手く行き渡らせるのは難しいです。
多めにアカムシを撒いたところ、まだらが食べ過ぎてしまいました。

0721

5匹とも、微妙に顔つきが違っています。

ウーパールーパーが増えました。

新しいウーパールーパーを飼い始めました。

0721

charmで購入したブラックです。
やっぱり、現地の泥沼にいるウーパールーパーに一番似ているというのが魅力です。

体長が12cmあるので、何となく安心感があります。

0721

数日前に、知人から貰ったリューシスティックです。
自家繁殖させたものだそうです。

ブラックを購入してから、引き取り手を探しているという話を聞いたのですが、3匹貰ってしまいました。

0721

小さいウーパールーパーの飼育に再度挑戦のつもりでいたのですが、
先住の2匹と同じくらいの大きさがありました。

しっかりした体つきで丈夫そうです。

0721

共食い死亡事故を起こしたばかりなのですが、懲りずに同じ水槽に入れています。
5匹のサイズが大体揃っているので、一見大丈夫そうですが、どうなんでしょうか。

様子を見ながら、上手く飼える環境を整えていこうと思います。

ベタの水槽

熱帯魚の水槽の水草の調子が今一つなので、熱帯魚のエントリが減ってしまいました。
そこで、ベタの水槽の写真を撮ってみました。

0713


ダイエット中の赤いベタのオスです。
もとは熱帯魚の水槽で飼っていたのですが、色んな魚の餌を横取りして太り過ぎてしまいました。
最近は健康的な体型になってきました。

0713


この水槽の照明は、魚へのストレスが少ないLEDライトなのですが、部屋の照明代わりに使っているので、
消灯時間が他の水槽より短いです。

0713


健康に影響がないか心配だったので調べてみたところ、問題ないようです。

魚の睡眠は時間が短い上に、昼夜を問わないので、念のため、2~3時間の消灯時間が
あれば良いそうです。

0713


ただ、もうすぐ1歳になる高齢魚なので、健康に害はなくても、隠れる場所くらい作ってやろうと思います。

ウーパールーパーの水槽をリセットしました。

先日、濾過の見直しを兼ねて、まだらの水槽をリセットしました。

0712


生体     ウーパールーパー マーブル、ヤマトヌマエビ、レッドチェリーシュリンプ、ヒメタニシ
水槽     60*30*36
フィルター  ニッソー スライドフィルター600
濾材     エーハイムサブストラット プロ レギュラー、ウールマット
底床     田砂
水質     ――
水温     25~30℃

0712


水槽を枠有りの曲げガラス水槽に変えました。ニッソーのNEWスティングレー NS―106です。
最近、このタイプの水槽は人気がないですね。

0712


今までは外部フィルターを使用していたのですが、上部フィルターに変えました。

スライドフィルター600は、濾過槽が小さいと言われていたので、計ってみたところ、
純正品のウールマット1枚と、エーハイムサブストラット プロ レギュラーが約2L入りました。

0712


大きくなったので、スペースを広く取るために、溶岩石を取り出しました。
植木鉢のシェルターですが、あまり中に入らないので、サイズや置く場所に工夫が必要でしょうか。

植木鉢の切断方法は以下のブログを参考にしました。

アフリカツメガエル観察日記 植木鉢シェルターの作り方

ウーパールーパーのケガ

先日、マーブルのまだらの水槽をリセットしたついでに、水槽をセパレーターで仕切って、
ブラックのうなぎを同じ水槽に入れました。

0709


数日は問題なく過ごしていたのですが、気付いた時には写真のような状態で、血は止まっていました。

0709


ナンカイのタンクセパレーター S―60型ですが、設置してみると、水槽とセパレーターの間に
2~3mm程度の隙間ができます。
そこから尾鰭がはみ出していて、隣のスペースにいるまだらに食べられたんじゃないでしょうか。

0709


総排泄腔のすぐ後ろから、尾鰭がなくなっています。
ウーパールーパーは再生能力が高いそうですが、尾鰭が半分無くなった状態でも回復しなかった
と言う方もいたので、期待せずに観察していました。

0709


6日間はなんとか生きていたのですが、それ以上は持ちませんでした。
傷口から腐ったり、カビが生えたりということはなく、餌を食べられなくなり弱って死んだという印象です。
申し訳ないことをしてしまいました。
プロフィール

15gallon

Author:15gallon
ゆっくり更新中。

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
参加中のジャンル
参加中のジャンル
アクセスカウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。